全国的に行われる葬儀と地域別にある葬式マナーについて。千葉編

葬儀には様々なマナーがあります。

地域によって独特のしきたりがあるところもあります。

東京や千葉といったところでも、それぞれ違ったしきたりがあるので戸惑うことがあるかもしれません。

葬儀はそう何度も経験するものではないので、マナーが良くわからないという人は多いですが、基本的なマナーを知っておけば大丈夫でしょう。

【訃報を聞いた時は】

訃報を聞いた時は、故人との関係などを考えて弔問の時期を決めます。

故人が近親者であるとか、とても親しい人であれば訃報を聞いたらすぐに弔問に訪れます。

故人とあまり親しくない場合は、通夜や葬儀に訪れるので大丈夫です。

しかし、隣近所の人が亡くなった場合は、あまり親しくない間柄でもすぐに弔問に伺うのが一般的です。

【通夜と葬儀どちらに行けば良い?】

通夜と葬儀の日取りが決まれば連絡が来ます。

故人と親しくお付き合いをしていたのなら通夜と葬儀両方に参列した方が良いでしょう。

あまり親しくなかった場合は、通夜か葬儀どちらかだけで良いです。

【全国共通の葬儀マナー】

これらは、全国共通の葬儀マナーです。

あとはそれぞれ地域によってしきたりがある場合はそのしきたりを確認して参列するようにしましょう。

東京などの都市部では、あまり細かいしきたりはありませんが、千葉の一部地域では都市部ではないしきたりがあるところもあります。

◇お役立ちサイト紹介:千葉の葬儀、失敗しないために・・・

どんなしきたりがあるのか事前に調べておき、それに合った対応をしないといけない場合があるので注意しましょう。