千葉の葬儀でお悔やみの挨拶をお伝えするときに注意したいこと

葬儀の参列者として行った時、遺族の方にお悔やみの挨拶をしますが、何て声をかけたらいいのかわからないものです。

そんな時は、気の利いたことを言わなくてはと考えることはなく、ありきたりで平凡な挨拶をする方が良い場合があります。

【余計なことは言わず、簡単に】

お悔やみの言葉を述べる時には、笑顔を見せることは失礼にあたります。

また、子どもさんを亡くされた家族に、自分の子どもの話をするのもタブーです。

どの場合であっても、「このたびはご愁傷様でございます。

お悔やみ申し上げます。

」とだけで良いです。

「このたびは・・・」とだけ伝え、お辞儀をするだけでも構わないとも言われています。

【忌み言葉を使わないように注意】

葬儀で使ってはいけないとされる言葉には、「重ね重ね」や「たびたび」「またまた」「再び」など繰り返すイメージがあるものが挙げられます。

このような言葉をお悔やみの挨拶で使わないようにしましょう。

この言葉を使ってしまうかもしれないと不安があるなら、先ほど言ったような簡単な挨拶で済ませておくようにします。

【挨拶は地域関係なく共通】

お悔やみの挨拶は、地域のしきたりなどは関係なく、全国共通です。

千葉などでは葬儀にいろんなしきたりがあるところがありますが、お悔やみの挨拶はこうしなければならないような決まりはありません。

千葉だから、東京だからと挨拶を変える必要はなく、心よりお悔やみ申し上げますという気持ちを伝えるようにしましょう。