千葉で行われる葬儀に参列できない時はどうすればいいのか?

葬儀の知らせというのは突然来るもので、どうしても参列できない場合があるかもしれません。

そんな時はどう対処すれば良いのでしょうか。

また、年賀状の欠礼で初めて亡くなられたことを知った場合はどうすれば良いのでしょう。

【葬儀の知らせを聞いたが行けない場合】

葬儀の知らせを聞いたがその日は海外に居て参列できないなどの特別な事情がある場合は、お悔やみの言葉を書いたお詫び状を出しましょう。

「本来なら参列してお見送りしなければならないのに、やむを得ない事情により参列できません。

お許しください」というような内容のものにします。

香典もその時に一緒に郵送します。

【年賀状欠礼で亡くなったことを知った場合】

年賀状の欠礼で初めて亡くなられたことを知ることがありますね。

そんな時も手紙で一言お詫びを伝えるようにします。

「年賀状欠礼のお知らせをいただき、大変驚いております。

(病気なら)お見舞いにも行けず、またお悔やみの挨拶にも行けず大変失礼いたしました。

」というような内容の手紙を書きましょう。

この時、香典も送らなければならないのかと悩むかもしれませんが、葬儀から日にちが経っている場合はかえって遺族の方の負担になりますので特に必要はないようです。

【できるだけ参列を】

葬儀の知らせを聞いたら、できるだけ参列する方が良いです。

故人の方との最後のお別れなのですから、特別な場合を除いては何とかやりくりして参列する方が良いでしょう。

葬儀のマナーは知らないことが多いので難しいですが、基本的なことを知っておけば恥をかくことはありません。